本文へスキップ

赤ちゃんを身篭った女性ならマタニティフォトを考えますね。

マタニティフォト

マタニティフォトとは

マタニティフォトのチャンスは有限/マタニティフォトとは

妊婦さんの大きくなった妊娠中のお腹を写真に残すことをマタニティフォトといい、 記念撮影のひとつとして日本でも定着する兆しがありますが、すでに国外ではメジャー なイベントとしてその地位を確立しているようです。 大切なのは大きく膨らんだお腹を撮影することで、顔の表情のアップではただの写真、 マタニティらしさが欠片もないありふれた記念撮影以下の「なんとなく撮ってみた」 フォトにしかなりません。 家族をにやけさせる寝顔や素敵な笑顔であっても、顔面しか写ってないのならその方 が妊婦だとしてもマタニティフォトとは呼べないでしょう。 今回の主役は中に赤ちゃん(ベビー)が入っているお腹になりますので、背中や足首 しかフレーム内に収まっていないようだとどんなに雄大な背景でも、セクシーなうなじ をしていようと、旦那さんの同僚や上司に写真を見せても「おっ、マタニティフォト だね綺麗ですよ」と言ってもらえません。 マタニティであることがはっきりとわかるよう大きなお腹が写っている写真、それが マタニティフォトの条件になるので、カメラマンが妊婦でも同然違います。


最初の記念撮影

その身に赤ちゃんを宿した日から、妊婦は成長するお腹をさすりうっとりと幸せな 気分になって出産の日を待ち焦がれます。 お腹の中の赤ちゃんがオギャーと産まれてくる前に行われる最初の記念撮影となる マタニティフォトですが、実行可能なタイミングは限られています。 なのでお腹がいい具合に膨らんできたら「この機会に私も一度経験してみようかしら」 と、自分自身の若かりし日の思い出とじきに誕生する赤ん坊への贈り物として、一生 残る感慨深い記念品のマタニティフォトの撮影会を開催するかどうかに悩むのです。 公園へ出掛けてスナップ写真を撮るくらいならいつでも出来るのでやるかやらぬかで 悩むことはないですが、一生うちほんのわずかな時間しかシャッターチャンスのない マタニティフォトはチャンス到来してから考えても結論を出す前に最適なタイミング を逃してしまうこともあるので、あまり慎重に考えてしまうと何人産んでも一生撮影 しないままで終わってしまうかもしれません。 なのであまり深く考えず、自分お気持ちに素直になって行動しましょう。


撮影時期

赤ちゃんとの初めてのツーショットとなるマタニティフォトですが、どのタイミング で撮影するのがよいと皆さんはお考えになっているでしょうか。 大きくなったお腹が主役ということを考慮すると、妊娠が発覚したばかりのまだお腹の 膨らみが小さなうちは時期的にも早すぎるでしょう。 どこからみても妊婦とはわからないお腹の写真を撮影しても、それを後から見た人は 「変わった被写体の写真だけど特殊な性癖の持ち主が撮ったのかな」と思ったり、 「芸術っぽい一枚を狙って失敗しちゃったのかな」と首を捻るだけです。 なので「この中には赤ちゃんがいますよー」とはっきりわかる頃、妊娠8ヶ月以降が 撮影時期には適しています。 ただしあまり遅い時期になると母親の身体に負担がかかってもいけませんし、妊娠 10ヶ月を過ぎてからは無茶をしないようにして下さい。 苦しみながらの撮影では楽しい思い出にはなりませんし、お腹の中の赤ちゃんになにか あっては大変ですので、産まれる寸前になって写真スタジオへ駆け込むような真似は 絶対にやめておきましょう。